Posted by at

2009年06月19日

難しいですね

臓器移植法ではA案に可決されましたね。
個人的には「脳死=人の死」を前提にするのはちょっと…な考えなのですが、
色々見て回ったら同じ意見の方も多そうでした。
やっぱり、D案がいいという方が多かったですね。
自分もD案が無難じゃないかと思いました。
しかし、生死に関する問題はとてもデリケートなので、
色んな考えを持った方がいますよね。

自分の臓器ならどうぞどうぞと差し出せるけど、
自分の子供の臓器をあげるのは絶対無理という意見も多いみたいです。
あげられないけど、自分の子に移植が必要になったら
臓器が欲しいという方も多かったですね。
親になるとやっぱり自分の子供が一番になってきますし、気持ちはわかります。
この問題は本当に難しい問題ですよね。
でも、年齢制限が外れる事になるのはいい事だと思います。
海外での移植がどんどん制限されているので、国内で何とかしないといけない。
なのに国内では子供の移植が不可能というんじゃ病気の子は死を待つだけ…。
じっくり考えて法を変えて欲しいけど、
移植待ちの子のためにも早めに変えて欲しい。

そういえば、脳死と植物状態って同じようなものかと思ってたんですが、違うんですね。
脳死は脳の機能が全部止まってしまい、回復の見込みもなく、
自力で呼吸は出来ず、心臓は動いていても数日で死んでしまう状態で、
植物状態は脳の機能が一部動いていて、
回復する可能性が少なからずあり、自力呼吸が多いそうです。
植物状態=脳死なイメージで考えてたんですが、自分同様に考えている方も多そう。
脳死から回復した方って1人くらいしかいないそうですし、
それだと本当に脳死だったのからも怪しいですよね。

全員が納得する答えなんて出ない問題ですが、
出来るだけ早めに法が変わって欲しいですね。  


Posted by ダイナマイト福岡 at 23:40臓器移植法

2009年06月04日

子供向けと思いきや

『獣の奏者エリン』というアニメにハマってます。
教育テレビで土曜の夕方6時25分からやってるんですが、
子供向けながら色々と深くて大人でも楽しめます。
原作は『獣の奏者』という児童書ですが、
政治やら生き物の在り方など結構小難しい内容。
そこがまた面白いところなんですよね。
児童書と思って甘く見ているとそんな事は全然なく、
逆に色々考えさせられます。

自分は動物やファンタジーな内容が好きなので、
このアニメはまさにツボでした。
アニメは毎週楽しみにテレビの前でスタンバイしてます。
この間、とうとうアニメの続きが気になって原作を購入しました。
アニメは原作の内容にわりと沿っているようで、
今後の展開にワクワクしっぱなしです。
最後どうなるかまでわかってしまってますが、
アニメとなってキャラが動くのはまた格別。
普段アニメを見ない方にもお勧め出来るアニメですね。
お子さんが居る家庭なら是非見たほうがいいと思います。

その『獣の奏者』ですが、
ラストは「え?これで終わり?」という終わり方なんですよね。
続きあるのかと思ったらそこで終了でちょっと残念。
だったんですが、どうやらファンの要望も多く、
作者さんもまだ書きたい事が残っていたという事もあり、
夏に続編が出るとのことで。
この情報を見た時には喜びましたね。
続編もしっかり読みたいと思います。
読み終えた後に色々わかってスッキリするような終わり方をしてくれればいいなと思います。  


Posted by ダイナマイト福岡 at 20:26獣の奏者