2009年06月19日

難しいですね

臓器移植法ではA案に可決されましたね。
個人的には「脳死=人の死」を前提にするのはちょっと…な考えなのですが、
色々見て回ったら同じ意見の方も多そうでした。
やっぱり、D案がいいという方が多かったですね。
自分もD案が無難じゃないかと思いました。
しかし、生死に関する問題はとてもデリケートなので、
色んな考えを持った方がいますよね。

自分の臓器ならどうぞどうぞと差し出せるけど、
自分の子供の臓器をあげるのは絶対無理という意見も多いみたいです。
あげられないけど、自分の子に移植が必要になったら
臓器が欲しいという方も多かったですね。
親になるとやっぱり自分の子供が一番になってきますし、気持ちはわかります。
この問題は本当に難しい問題ですよね。
でも、年齢制限が外れる事になるのはいい事だと思います。
海外での移植がどんどん制限されているので、国内で何とかしないといけない。
なのに国内では子供の移植が不可能というんじゃ病気の子は死を待つだけ…。
じっくり考えて法を変えて欲しいけど、
移植待ちの子のためにも早めに変えて欲しい。

そういえば、脳死と植物状態って同じようなものかと思ってたんですが、違うんですね。
脳死は脳の機能が全部止まってしまい、回復の見込みもなく、
自力で呼吸は出来ず、心臓は動いていても数日で死んでしまう状態で、
植物状態は脳の機能が一部動いていて、
回復する可能性が少なからずあり、自力呼吸が多いそうです。
植物状態=脳死なイメージで考えてたんですが、自分同様に考えている方も多そう。
脳死から回復した方って1人くらいしかいないそうですし、
それだと本当に脳死だったのからも怪しいですよね。

全員が納得する答えなんて出ない問題ですが、
出来るだけ早めに法が変わって欲しいですね。


Posted by ダイナマイト福岡 at 23:40 │臓器移植法